【麒麟がくる・1話】あらすじ(ネタバレ)と感想『光秀、西へ』

【1月19日放送NHK大河ドラマ「麒麟がくる」1話】

沢尻エリカさんのトラブルとかいろいろありましたけど、いよいよ始まりましたね。

話題性はあるけど内容は?と思っていましたけど、私は楽しめました。

あらすじとか勝手な感想を書いてるんで、ちょっと読んでいってください。

「麒麟がくる」1話のあらすじ

主人公は長谷川博己演じる明智光秀(十兵衛)。この光秀の青年期から物語は始まります。(明智光秀の出生はいまだ謎。)

幕開けからいきなり見応えある野盗との戦闘シーン。屋根の上でのワイヤーアクションなんかもあって派手、掴みでグッと画面に引き寄せられます。

戦闘終わりには農民役の岡村隆のアップで、緊張したシーンがほぐれます。

野盗を撃退した光秀は、その頭領が持っていた鉄砲に興味を持ちます。鉄砲は織田信長を象徴するアイテム、冒頭から信長とのつながりが連想させられます。

光秀が仕えるのは美濃の守護代(戦国大名)、本木雅弘演じる斎藤道三です。

(美濃国は現在でいう岐阜県南部。)

ケチで有名な道三から資金提供に成功した光秀。鉄砲を手に入れるための旅が始まります。

1話では、この旅がメインストーリー。物語の鍵となる人物との出会いもたくさんあります。

麒麟がくる1話、登場人物のクセが強い!

吉田鋼太郎演じる松永久秀

松永久秀(まつながひさひで)は、三好長慶(みよしながよし)の家臣。若い光秀に影響を与えることになります。裏切りの謀略家、悪者として時代劇には登場することが多いですね。

1話では、光秀を酔わせて寝落ちさせたのに、鉄砲を光秀の枕元に置いて帰っていました。サンタさん?拍子抜け、なんで酔わせたんでしょか?これからの伏線に期待。

(三好長慶は機内・阿波国の戦国大名。機内・阿波国は現代でいう京都の一部、奈良、大阪、兵庫県の一部と徳島県。)

谷原章介演じる三淵藤英

三淵藤英(みつぶちふじひで)は、室町幕府末期の幕臣(将軍奉公衆)。室町幕府の足利家に仕え、光秀の盟友・細川藤孝(ほそかわふじたか)の異母兄にもあたります。

明智光秀と三淵藤英は、今後歴史の表舞台で信長を介して因縁めいた関係になります。

三淵藤英は「鉄砲は役に立たない」という主旨のセリフを言いますが、これはこの頃の常識的な考え方です。

それにしても谷原章介はエリート的な洗練された役柄が似合います。

大塚明夫が辻屋の店主としてゲスト出演

やけにいい声だなーって思ったら声優の大塚明夫。鉄砲を売る辻屋の店主としてゲスト出演していました。

大塚明夫さんは、ワンピース、ガンダム、戦艦ヤマト、攻殻機動隊、アニメ以外のナレーションにも出演する大御所声優。アニメファンじゃなくても、声を聞けばピンとくると思います。

吉田鋼太郎と大塚明夫のツーショットは、「クセが強すぎる!」とネットでも話題でしたね。

堺正章演じる望月東庵

望月東庵は、京の医者。歴史上実在しない架空のキャラクターです。

光秀が堺で鉄砲を手に入れた後に、京で出会います。

「博打好きで借金が大量、今は落ちぶれてるけど腕は良く、信念は絶対曲げない医者」といったアニメキャラのような設定。

東庵のかかえている借金は100貫。現在の価値で、1,500万円の借金をかかえているという設定です。(1貫=15万円。)

堺正章の演技も妙にコミカルで、年老いた孫悟空のよう(伊集院光がラジオで言ってたっけな)でした。マチャアキは好きなんですけどね。

門脇麦演じる駒(コマ)

望月東庵の助手として門脇麦演じる駒(コマ)という女性も登場しますが、この駒も架空の人物。

このキャラも、破天荒な医師の助手というコードに沿ったキャラクター設定です。勝気が強くて面倒見が良い、そして過去に何かトラウマを抱えている女性。分かりやすくて見やすい。

「麒麟がくる」1話の視聴率は19.1%と好調なスタート!

沢尻エリカのトラブル、代役が急遽川口春奈に決定。でもさすがに間に合わないから、通常の大河ドラマよりも1週間後ろ倒しの放送。

みたいなごたごたが続いていたからか、みんな興味深さで見たんでしょうね。

やっぱり観ちゃいますよね、川口春奈のシーンはどんな?どんな感じで仕上がった?って気になっちゃいますもの。

でもその話題性で見始めた人でも最後までテレビの前から離れないくらい、掴みはバッチリな1話だったと感じます。

斎藤道三の娘、濃姫を急遽演じることになった川口春奈のシーンも少しですがありました。稲葉山城(後の岐阜城)の廊下をドスドス歩いてましたよ。これからの川口春奈の活躍に期待です。

「麒麟がくる」1話を見逃した方はこちら→【麒麟がくる】再放送や動画配信をチェックしてください。無料で見れますよ。

「麒麟がくる」1話の感想

観終わると、良くも悪くも妙にインパクトのある、そして妙に記憶に残る1話だったなっていう印象です。

なんか、アンバランスというか、イビツというか、変なんです。(良くも悪くも。)

・全体的に色彩が不自然

濃い。画面全体の色が絵の具をべた塗したような色です。不自然だから悪いというわけではないですが、違和感。

衣装も色とりどりで、鮮やかです。

でも、衣装が鮮やかなのは理由が分かりました。戦国時代は日本の歴史の中でも最も派手な時代だったようです。

その時代性を踏まえての衣装デザインとのこと。衣装デザイナーは、黒澤和子さんで、万引き家族やNHKの過去の大河ドラマや朝ドラも手がけてます。ちなみに黒澤明監督の娘さん。

・光秀が超強い

ちょこちょこ、いきなり襲われるんですけど光秀は一人で何人も軽くやっつけます。

ん?こんなだった?さすがに強過ぎなんじゃ、と思ってしまいます。水戸黄門みたいなテンションで観ればいいのかな。

1話の後半に京の町に野盗が襲来して、火事になっちゃうんですけど、光秀はここでも超人。

炎が燃え盛って、家が崩れるほどの爆発の中から、子供を助け出します。炎をバックに光秀が子供をかかえてくるシーンは、子供の頃に見た仮面ライダーとかヒーローものを思い出しました。(ここのシーンは、後の本能寺の変との対比でしょうかね。)

・堺正章演じる望月東庵はどこか違う作品から借りてきたようなキャラクター

まだ1話しか観てないので、なんともいえませんが、望月東庵というキャラクターはデフォルメ(元々が架空の人物ですが。)し過ぎでは?と思うのは私だけでしょうか。

この実際には存在しかかったキャラクターが、ずっと光秀のそばにいてかなり重要な役割になる(公式によると「生涯にわたって光秀を導く存在になる」)らしいです。

意図としては、吉本栄治版宮本武蔵における沢庵和尚みたいな位置付けでしょうけど。

このキャラで最後までやっていくんでしょうか。嘘っぽさの限界を超えなければいいなって思います。

「麒麟がくる」1話のあらすじ感想まとめ

と、まぁ気になったことをいろいろ書きましたけど、非常に分かりやすい内容ですし、これからに期待です。1話って結構説明っぽくなっちゃいますけど、退屈だなって思ったことは1度もなかったです。

私は2話目からも見ようと思ってます!

光秀がすごく真っ直ぐで、好青年なんですよね。1話では火事の中に飛び込んで人助けをします。

そして炎をバックに「麒麟は来ない!」

この1話からどういう変遷を経て、本能寺の変を引き起こして「麒麟がくる」になっていくのか?

妙に不自然で鮮やかな画面、光秀の心理状況とどう呼応していく?後半のハードな展開になったときに、この鮮やかな画面や衣装は何を訴えかけてくる?

「麒麟がくる」は、ジリジリと五臓六腑に響く面白さを秘める作品です。

考え出したら止まりませんが、いろんな意味でこの先楽しみな大河ドラマ。

まだ観ていない方は、再放送は土曜日の午後2時です。一緒に楽しみましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【麒麟がくる】再放送、見逃し動画を無料でU-NEXT(ユーネクスト)で見る方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました